マクロマンとは

あなたの部署の事務作業、こんなことでお困りではありませんか?

  • 事業拡大により
    事務作業が拡大
  • 一回の作業時間は少ないが、
    頻度が多いので非効率
  • 人が定着していないので、
    業務が不安定
  • ログが膨大。
    人の手でレポート作成が大変
  • RPAに興味はあるが、
    費用は結局高くなりそう
  • RPAは難しそうで、
    活用できる自信がない
  • RPA導入後の
    サポート体制が不安
  • セキュリティ上の
    問題を懸念
マクロマン:キャラクターイメージ赤 マクロマン:キャラクターイメージ黄 マクロマン:キャラクターイメージ青緑 マクロマン:キャラクターイメージ青 マクロマン:キャラクターイメージ橙

次世代RPAマクロマンが解決いたします!

RPAは大きく5つの業務タイプに分けられます。

01データ入力

Office(Excel、PowerPoint、Word等)、業務システム、Web等へのデータ入力

マクロマン データ入力 仕組み
  • 各種マスタ入力、更新
  • 各種伝票情報入力
  • 社内/社外申請情報入力
  • アプリケーション間のデータ連携

02データ集計と分析

  • Office(Excel、PowerPoint、Word等)業務システム、Webから収集したデータの集計
  • 外部の分析ツール(BI等)での分析結果を含むレポートを作成

※Business Inteligence の略

マクロマン データ集計と分析 仕組み
  • BIツールでのレポーティング
  • モニタリングレポート作成
  • 比較/評価レポート作成
  • 予測レポート作成

03データ照合

ファイル間、もしくはファイルと業務システム上のデータを突合し、突合結果をフィードバック

マクロマン データ照合 仕組み
  • 伝票/申請書入力内容の正確性・整合性・網羅性チェック
  • 報告書の正確性・整合性・網羅性チェック

04メール受信・送信

  • 事前にセットされている内容や、宛先リストに基づき、定型メール文面を作成し、メールを送信(メール送信)
  • 受信したファイルに添付されているファイルを指定したフォルダに格納(メール受信)
MACROMAN メール受信・送信 仕組み
  • 各種通達メールの送付
  • 定型テンプレートに基づく社内/社外依頼メールの送付
  • 社外/社内各部からの報告事項の受信

05情報検索

  • ユーザーからの問合せ内容を確認し、適切な検索方法に振り分け
  • 検索先及び回答が具体的に決まる内容については、ロボがWebや対象システム等を検索
MACROMAN 情報検索 仕組み
  • Webや業務システムから必要情報を検査・抽出
  • ユーザー問合せ内容に基づく検索

RPA (Robotic Process Automation)とは?

RPAは、ホワイトカラーの業務自動化と言われており、パソコン上で行うキーボード入力やコピー&ペーストなどの単純作業を、自動で行ってくれるソフトウェア上のロボットです。Excelの自動化はマクロですが、PC作業自体のマクロ化とも言われており、ExcelやAccessなどのOffice製品、Windowsアプリケーション、WebアプリケーションとPC作業における広い範囲において業務を自動化することが可能です。私たちは、このRPAを単なるソフトウェア導入というサービスではなく、デジタル技術が生み出した働き手、すなわち「デジタルレイバー(知的労働者)」のロボット派遣サービスと定義しております。

これからのホワイトカラーにはRPAが不可欠!

2030年の日本は… 就業人口735万減 そのうちのバックオフィス145万減

(経済産業省「新産業構造ビジョン~第4次産業革命をリードする日本の戦略~」)

すでにおよそ31.0% の企業は
「業務の自動化、機械化の検討や導入」を
行っています

  • RPAの作業速度は人の180倍~200倍!(三菱総研調べ)

  • オフィスワークにおけるRPA導入の効果は
    導入前の生産性の7.75倍!(当社独自調べ)

人出不足は貴社の経営にどのような影響を与えると思いますか

(日経BP総研調べ「働きがい」に関する経営層と若手の意識調査 2018年3月)

マクロマンの特長

  • RPA:イメージ画像

    完全無料のRPA

    業界初の完全無料型RPA、何台使おうとプロダクト費用は一切不要

  • サポート体制:イメージ画像

    RPA女子™サポート

    電話・チャットサポートはもちろん、スポットでの常駐から事務作業全般をサポートするフル常駐でも対応が可能

  • セキュリティ:イメージ画像

    充実の
    ユーザーコミュニティ

    ノウハウや意見交換ができるオープンユーザーコミュニティの利用が可能

マクロマン紹介動画
作業の具体例
  • 大量データ取得(ネット検索、クローリング)
  • データ入力(定型欄への書き込み、転記)
  • データ検証(比較、突合)
  • システムの実績データをExcelに取り込み
  • ECサイトで自社商品データを検索して一覧化
  • 交通費申請の内容と乗り換え検索結果の比較
  • 画像データの形式、大きさ、ファイル名などを一括変更
  • 顧客住所をネットで検索し、地図画像をコピー
  • 勤怠管理システムから長時間残業者を検索
  • 発注システムの未検収案件を検索し担当者にメール
  • 営業担当者が作った受注伝票ファイルを転記
  • 社内PCの初期設定や既定アプリのインストール
  • 注文書の様式別に受注管理システムに転記
  • 自社サイトの記事や画像の無断転用をネット上で巡回

導入フロー

  1. 1現状理解

    課題・方向性の確認

    打ち合わせベースの確認

  2. 2試行(PoC)

    実施検討

    4週前後
    (要相談)

  3. 3業務診断

    実行可能性の検討

    2週前後
    (要相談)

  4. 4導入準備

    導入体制準備

    2~4週間
    (要相談)

  5. 5導入

    導入

    ロードマップに沿って実施

サービス・価格

業界初の完全無料型!何台でも費用は一切不要

電話・チャットサポートはもちろん、SPOTでの常駐から
事務作業全般をサポートするフル常駐まで対応可能です。

プロダクト(マクロマン 導入) 完全無料
導入前 セミナー無料 トライアル(PoC) 無料 RPA業務診断※1ご相談
導入後メニュー 専任サポート※2月200,000円~ スポット派遣※31日 80,000円 フルサポート(RPA女子™常駐派遣) ※4月費用 ご相談

※1 専門ヒアリング → シナリオ選定 → ロボット開発 → ロボットお渡し → PoC開始
※2 貴社専任のRPA女子™がRPA管理、運用、開発をサポート(電話、メール、チャット、Skype等)。
※3 RPA女子™が一日常駐をして、RPAの管理・運用・開発をサポート
※4 RPA女子™がフル常駐をして、①RPAの管理・運用・開発、②事務作業全般、③事務作業効率化を行います。

なぜ完全無料なの? 当社だからできる2つの理由

  • 理由1

    私たちはプロダクト販売会社ではなく、人財ソリューションサービス業です。プロダクトでお客さまの業務を効率化するだけでなく、サポートで効果を出すサービスをすることが使命であると考えています。現状RPAは簡易的に使えるとはいっても、実態はまだまだサポートが必要だと感じています。そのサポートは、事務のノウハウがある私たちの得意とする部分であるので、プロダクトは完全無償とし、サポートでお客さまの業績に貢献し、信頼関係を築いていければと考えています。

  • 理由2

    今後、労働人口が減っていく中で日本が活性化していくには、ホワイトカラーの生産性向上は重要だと考えています。そのための手段の一つがRPAです。
    「人とロボットが共生してイキイキ働く社会」の将来をイメージしたところ、全ての人がロボットフレンドリーとなり、一人一人が付加価値の高い業務を行いイキイキした社会を創っていくには、無償化にすることで、よりRPAのすばらしさを知ってもらうきっかけを増やしていくことが最良だと判断しました。

マクロマンのインストールについて

マクロマンは簡単・手軽にインストールしてご利用いただけます。

インストールをご希望のお客様は、問い合わせフォームより問い合わせ種類のプルダウンで「マクロマンのインストール希望」を選択いただき、各項目をご入力の上フォームの送信をお願いいたします。
追って、インストールファイルをお送りいたします。

マクロマン インストール方法
マクロマンサポートサイトとユーザーコミュニティについて

インストール方法や設定に関しては、マクロマンサポートサイトをご確認ください。

操作方法のご質問やノウハウの共有、操作についての意見交換はマクロマンユーザーコミュニティをご利用ください。
メールや電話でのご質問は受け付けておりませんのでご了承ください。

なぜ、私たちはRPAに取り組むのか?

「人とロボットが共生し、イキイキと働ける社会を創る」

2016年に経産省が発表した「新産業構造ビジョン~第4次産業革命をリードする日本の戦略~」の中の産業構造・就業構造の試算によると、2030年には735万人の従業者が減ると予測されており、その内、バックオフィスが145万人と全体の約20%を占めています。
このバックオフィスにおける労働人口解消の中核技術がRPA(Robotic Process Automation)であり、これを実現できれば、500万人の労働人口が増えると試算されています。
今後の日本において、オフィスワークにおける業務効率化や自動化を促進していくことで、人々がよりクリエイティブで付加価値の高い仕事に取り組み、生産性を高めて新しい働き方を創出する。そんな、人とロボットが共生し、イキイキと働ける社会を創っていくために、私たちは取り組んでまいります。

RPAに取り組む理由:イメージ画像

RPA女子™サポート

RPAを導入したいけれど「運用リソースが足りない」「使いこなせない」といった不安も人材派遣会社だからこそできる充実のサポート体制でお客様に寄り添ったサービスをご提供いたします。
電話・チャットサポートはもちろん、スポットでの常駐から事務作業全般をサポートするフル常駐でも対応が可能です。

マクロマン×RPA女子の業務イメージ マクロマン×RPA女子の業務イメージ

マクロマン×RPA女子で更なる効果!

営業部アシスタント業務全般の場合

導入前
  • 顧客登録
    受発注登録
    売上登録

  • 見積作成

  • 会議資料作成

  • アンケート集計
    統計情報収集

  • 1.0×10名=10.0

    40万×10名=4,000k

定型業務が多い企業にて10名の派遣スタッフを採用

生産性を1.0だとして10名なので、生産力は10。コストは月に400k×10=4,000k

導入後
  • マクロマン

    顧客登録・受発注登録・売上登録・
    見積作成・会議資料作成・
    統計情報収集・アンケート集計

  • RPA女子

    事務業務全般+ロボット開発・マネジメント
    知識ベースを活用した問い合わせ対応高度なアナリティクス等

  • 1.5×3名+7.75=12.25

    600k×3名+200k=2,000k

RPA女子™3名+RPAで実現定型業務はRPA、例外対応や高度なアナリティクス、業務マネジメントをRPA女子™が3名で担当

生産力は12.25、コストが2,000k

費用50%DOWN! 生産性22.5%UP!
RPA女子™とは?

マクロマンを習得した当社の正社員であるEXCEL女子のこと。
当社の事務プロフェッショナルのRPA女子™が、「マクロマン」を導入いただくお客さまの、
リモートでのサポートからフル常駐でのサポートまで、柔軟に対応させていただきます。

EXCEL女子とは?

当社のITリテラシーの高い正社員が、お客様先に常駐し、業務効率化をおこなう派遣サービスをはじめ、 VBAを使ったツール作成やデータ活用を促進するサービス「Womens’ BI」、Excel教育サービス等を提供しています。詳しくはこちらをご覧ください。