お問い合わせ
お問い合わせ
業務効率化・DX化

【株式会社四国銀行様】

高知県内の企業を対象に「RPA人材育成セミナー」を開催。 DX化や業務効率化の課題解決に向けて、RPAの導入を促進。

高知県内の企業を対象に「RPA人材育成セミナー」を開催。 DX化や業務効率化の課題解決に向けて、RPAの導入を促進。
Profile

株式会社四国銀行

目的

  • 株式会社四国銀行(以下、四国銀行)のお客様を対象にRPA人材の育成とRPA導入を促進
  • 地銀連携を行い地元企業のDX活性化
  • RPAツール「マクロマン」の実践利用

課題

  • RPAツール導入前のライセンス料
  • RPAツールの操作、導入後の開発

効果

  • 具体的に自社業務を自動化するイメージが作れた
  • RPAツール「マクロマン」の開発ノウハウについて理解できた

研修概要(カリキュラム)

  • RPAとは
  • 無料RPAツール「マクロマン」とは
  • Excel操作
  • Web操作

 

開催場所の四国銀行

開催場所:株式会社四国銀行

開催背景

四国銀行のお客様から、様々な理由により業務効率化が進まないということが課題としてあげられていました。

例えば、月末に事務員が定型業務で残業をしているため、RPA化を行いたいが有償ツールでは費用対効果が合わないといった声などです。

さらには高知県内の人口減という課題もあります。

現地雇用が難しいことで、採用コストが増え続けているということも四国銀行と関わりある企業では起きておりました。

これらの課題に対して無料のRPAツール「マクロマン」を使ったセミナーを開催しました。開催することでRPAへの理解を深め、具体的な操作方法を学んでいただくことで四国銀行のお客様の業務効率化を推進することを目的としました。

 

研修風景

 

四国銀行様からのコメント

開催にあたって参加を募るお声がけではRPAが「どのようなことが出来るのか」が、認知されていないという印象がありました。 

その中でも「RPAがたった1日で使えるようになっちゃうセミナー」の講義では、RPAとは?という1歩目の講義から始まり最後はご自身で1つのスクリプトを作ることができるようになったのは大きな成果でした。

口頭だけの説明ではハードルは高く、RPAを理解することは難しいと感じました。その中でも講師の方から「ホワイトボードを使った可視化、モニターを使った資料照射、1人ひとりに合わせたコミュニケーション」は、とてもわかりやすかったです。

 

受講者からのコメント

  • Excelやwebブラウザの画面を何個も開き、Excelを更新する業務がありました。
  • 毎日同じだからこそミスがあったり、残業を発生させてしまっていました。
  • この業務をどうにか効率化することができないか?と課題を感じている時にご案内をいただいて参加しました。
  • RPAという言葉は初めて聞くという状態でしたが講師の方の説明もわかりやすく、セミナーの最後には1人で操作することができました。

企業情報

img_shikokubank_logo

株式会社四国銀行

事業内容

  1. 預金業務、貸出業務
  2. 商品有価証券売買業務、有価証券投資業務
  3. 内国為替業務、外国為替業務
  4. 社債受託および登録業務、金融先物取引等の受託業務
  5. 証券投資信託の窓口販売業務、等
一覧に戻る