お問い合わせ
お役立ち情報
資料請求
マクロマン 無料ダウンロード
お問い合わせ

各種機能

このコマンドは何をしますか?

このコマンドを使用すると、SeleniumWebブラウザーセッションを閉じることができます。

このコマンドはいつ使用しますか?

このコマンドは、Webブラウザ内のWebページでデータを操作、設定、または取得する場合に使用します。

コマンドパラメータ

パラメータの質問 入力するもの サンプルデータ 備考
インスタンス名を入力してください ブラウザの作成コマンドで指定された一意のインスタンス名を入力します myInstanceまたは[vInstance] 正しいインスタンス名を入力しなかったり、最初にブラウザの作成コマンドを呼び出さなかったりすると、エラーが発生します
要素検索方法 Webページの要素を分離するために使用する特定の検索タイプを選択します。 XPathで要素を検索] 、[ IDで要素を検索]、[名前で要素を検索]、[タグ名要素を検索]、[クラス名要素を検索]、[CSSセレクターで要素を検索]、[リンクテキストで要素を検索]を選択します。  
要素検索パラメータ 以前に選択した検索タイプに基づいて、要素に一致するパラメーターテキストを指定します。 たとえば、検索タイプ「IDで要素を検索」が指定された場合、
 
、このフィールドの値はnameになります
 
要素アクション 要素が特定されたら実行する適切な対応するアクションを選択します Invoke ClickLeft ClickRight ClickMiddle ClickDouble Left ClickClear ElementSet TextGet TextGet AttributeWait For Element To Exist、 GetCountから選択します。 このフィールドを選択すると、次のステップで必要になるパラメーターが変更されます
追加パラメータ 選択したアクション設定に基づいて、追加のパラメーターが必要になります。 追加のパラメータの範囲は、オフセット座標の追加から、要素テキストを適用する変数の指定までです。  
コメントフィールド(オプション) このコマンドまたは必要に応じてこのコマンドの必要性を説明する可能性のあるカスタムコメントを入力するためのオプションのフィールド 私はこのコマンドを使用して... オプション