RPAの人材派遣はコクーの「RPA女子」へ!サービスに関する疑問にお答えします!

目次

    自社業務のRPA化を推進するために、RPAに特化したスキルを有している人材を迎え入れたいという企業は多いでしょう。その方法の1つとして、「派遣や業務委託として人材を迎え入れる」ことが挙げられます。


    これからRPA人材の派遣利用を検討されている企業のご担当者様はもちろん、既に派遣・業務委託としてRPAに強い人材を迎え入れている企業のご担当者様にもご紹介したいのが、当社「コクー株式会社」のRPAに特化した人財派遣「RPA女子」です。常駐派遣から1日単位のスポット派遣まで対応可能です。

    この記事では、人材派遣サービス「RPA女子」のサービス特徴や実績と併せ、おなじく当社で開発している無料RPAツール「マクロマン」の概要とともに解説します。派遣以外の方法でのサポートも併せてご紹介!

     

    🔴RPAの派遣なら「RPA女子」!内製化支援も対応してます◎🔴

    RPAの導入・運用保守なら「マクロマン」と「RPA女子」の活用を!

    コクーは何の会社?

    RPA女子」は、コクー株式会社(以下「当社」)が提供している人材派遣サービスです。当社で正社員として雇用をしているため、質の高い人財の派遣が可能であり、女性活躍推進にも貢献します。

     

    サービスラインナップは、「キャリアパスの構築を考慮してエンジニアを派遣する『ITインフラ事業』」や「『事務職以上、エンジニア未満』のニーズに応えるハイスキル事務職の派遣事業『EXCEL女子事業』」などを展開しています。

     

    コクーの紹介

    コクーのビジネス

     

     

    そのなかで今回ご紹介するのが、RPAに特化した人財派遣「RPA女子」です。

    RPA派遣「RPA女子」とは?

    RPA女子による派遣サービスおよび派遣以外のサービス、対応可能ツール等をご紹介します。

    対応可能なRPAツールは?

    業務効率化ツールならマクロマンがおすすめ!DL無料・ずっと無料で使える・利用人数の制限なし

     

    まずは対応しているRPAツールについてです。

    メインで対応しているツールは当社が開発した完全無料RPAツール「マクロマン」です。デスクトップ型のRPAツールで、無料で使えるうえに無料期間の制限がなく、利用人数の制限もなく、機能もすべて無料でお使いいただけます。

     

    「RPA女子」による対応RPAツールは、コストメリットなどを鑑みてマクロマンをおすすめしていますが、既に他のツールを導入済でツールの変更が難しい場合、なかには対応可能なものもあります。気軽にお問合せください。
    なかには、他のツールを利用していて、マクロマンに切り替えるところからご相談いただくこともあります。

     

    ≫マクロマンの特徴を見る≪

    サービス内容と費用は?

    RPA女子は、日々の単純作業や定型業務に課題を持つ方々に向けて、RPAによる自動化のコンサルティングやRPA開発・運用保守、研修、内製化支援を通じてみなさまのサポートをします。

     

    RPAの派遣はRPA女子にお任せ!

     

    RPAによる自動化ができる業務の選定から開発、日々の運用は定期的なメンテナンスまでワンストップで対応します。「開発だけ」や「RPA対象業務の選定だけ」などのピンポイントのご依頼も賜ります。

     

    また、最近ではRPAやDXに関する研修のご要望も多くいただいており、ハンズオンセミナーなども対応しています。さらに、「はじめは外部に委託したいが、ゆくゆくは内製化したい」という場合には内製化支援にも対応しております。

     

    上記のサービス提供方法は大きく3つです。派遣以外のプランもあるので、派遣以外の選択肢をご検討の場合は併せてご検討されてみてください。

    ①【正社員派遣】RPA女子の人材派遣(人気!)

    RPA化できる業務の選定や、より良いRPA活用方法のコンサルティング、RPA開発、運用・保守、研修や内製化支援など、幅広くカバーします。また、常駐派遣対応はもちろんのこと、RPA女子は全員が正社員で雇用しているため、1日からのスポット派遣で対応することも可能です。

     

    みなさまのご要望に合わせて対応範囲をプランニングさせていただき、様々なサポートからお選びいただくことが可能です。また、働き方としては地域などによって、対面もしくはリモートでご対応します。
    費用:要お問合せ

    ②【派遣以外】RPA女子の受託開発・運用保守

    RPA開発(シナリオ作成)や運用保守をリモートで請け負うサービスです。

    開発だけの依頼も、開発~運用保守のセットの依頼も可能です。RPAで自動化できる業務の選定や開発スキルを持つ人材がいない場合にピッタリです。RPAやツールの特性に併せて最適な方法で開発を進めていき、RPAの効果を体感いただけるよう運用保守もしっかり行います。

    費用:要お問合せ

    ③【派遣以外】RPAツール「マクロマン」のサポート

    RPAツール「マクロマン」をお客様が主体となって操作していただく際の操作方法の不明点やコツ、エラーの対処法に関する個別のお問合せにリモートで対応しています。また、そのほかRPA化できる業務の洗い出しや社内展開にあたってのルールに関する相談にも併走できるサポートをご用意しています。

    以下2つからニーズに合わせてお選びいただけます。

    • Zoomなどのテレカンで1時間単位で問い合わせできる「マクロマン 相談チケット」
      マクロマン相談チケット
      マクロマン 相談チケット」はスポットでの問い合わせができるサービスです。操作方法に関する質問をはじめ、RPA化できる業務選定に関するアドバイス、社内展開にあたってのアドバイスなどに対応しております。1時間単位のチケット制なので、必要な時だけ必要な時間分発生する費用として、スモールスタートしやすいサービスとなっております。
      費用:1時間1,2000円(セット割引あり)
    • チャットでの問い合わせができて、業務選定や開発サポート等を受けられる「マクロマン 導入支援パック」
      導入パック_チャットver
      マクロマン 導入支援パック」は定額制で、チャットで何度でも問い合わせができていくつかのサポートが付いたプランになります。サポートの内訳としては初回キックオフ、RPA化する業務選定サポート、初回の開発サポート(10時間分のスクリプト作成をRPA女子が行います)、月1回の相談チケットがついたパックです。
      費用:月額4万円 初期費用10万円

    ④【派遣以外】DXやRPAの研修(人気!)

     

    お客様に合わせた研修プラン RPA研修プラン DX研修プラン

     

    研修プラン」では以下のような課題をお持ちの方に、お客様に合った研修を行っております。

    • 従業員や顧客のRPA/DXを推進したい
    • 従業員や顧客のRPA/DXリテラシーを高めたい
    • 社内教育を外注したい
    • マクロマンの基本操作を習得したい
      費用:要お問合せ

    派遣可能な期間は?

    1日~年単位で可能です。

     

    労働者派遣法上、原則として1日単位の派遣労働は禁止されています。しかし、「RPA女子」は派遣される人財の全員が正社員として当社(コクー株式会社)に雇用されているため、1日単位や3年以上の派遣も可能です。

    (一般労働者派遣事業許可 許可番号「派13-314028」)

    参考:労働者派遣法が改正されました|厚生労働省

    対応可能な人数は?

    「RPA女子」は最低1名から派遣可能です。ご要望に応じ複数名も可能です。

    「RPA女子」の特徴は?

    ①正社員派遣のため、1日単位の派遣も可能

    前述のとおり、「RPA女子」は当社(コクー株式会社)に正社員として雇用されています。そのため、一般の派遣労働では禁止されている、1日単位でのスポット派遣や3年以上の派遣が可能です。そのため、「この部分だけ改修したいので1日派遣してほしい」などのご要望にお応えできます。

    ②ツールを「マクロマン」にすることで大幅コストダウン

    RPAツールは「マクロマン」をはじめ、そのほかのツール利用もご相談可能です。

    「マクロマン」であれば完全無料でずっと使い続けられるため、ツール費用をまるごとコストカットし、派遣費用やサポート費用のみとなります。

    詳しくはこちらでご説明します。

    ③RPA女子はツールの開発元の社員である

    派遣された人材がRPAツールの開発会社の社員である場合、そのツールの最新機能を使っての操作のコツなど、常に情報が最新である点がメリットです。「RPA女子」はRPAツール「マクロマン」の開発元であるコクー株式会社の社員であることから、RPAツールの開発会社ならではのサービスを提供できます。

    ④内製化前提での派遣も可能

    「RPA女子」は、いつまでも派遣に頼らなければならない・・という状態を避けたい企業にぴったりです。その理由は、内製化支援にあります。

     

    RPAは内製化と外注どちらを選ぶべきか?手順や特徴、成功ポイントを紹介のコピーのコピー

     

    長期的な派遣対応はもちろん、将来的な内製化を見据えた短期的な派遣と内製化サポートも対応します。

     

    たとえば、最初の数カ月間だけ「RPA女子」が派遣としてRPAの運用体制構築やRPAの開発などを通じて、日々の運用をしやすい環境作りをします。その後はリモートでの必要に応じたサポートをしつつ、徐々にお客様の内製化ができるように併走支援するなどが可能です。

    このように、お客様の現場のご担当者様もゆくゆくはツールを使いこなせるように、徐々に内製化ができる体制作りのサポート、運用サポートに強みがあります。

    ⑤他のコクーのサービスとの掛け合わせで、より効果的に

    当社のExcelに特化した「EXCEL女子」や、デジタルマーケティングに特化した「デジマ女子」など、RPAだけでなく各方面での人材不足を補いたい場合もサービスを横断して対応できます。

     

    cocoo1

    たとえば、企業のマーケティングチームにおいて、「MAの運用とそれらの自動化を任せたい」という場合には、当社「デジマ女子」がMAの運用を、その運用のなかで発生するレポート作成の自動化を「RPA女子」が行うということが可能です。デジタルマーケティングに限らず、マクロ、BI、インフラ整備など多方面でカバーできます。

    「RPA女子」でコストカットが実現する理由とは?

    「RPA女子」により一般的な派遣よりもコストカットできる理由を3つご紹介します。

    ①RPAツール費用が無料なのでコストカット

    RPA女子ならツール代が無料だからかかる費用は人件費だけ!

    RPA化にはRPAツールの利用が必須となりますが、多くの場合は月に数万円~数十万円の利用費用がかかります。加えて、必要に応じて導入費用がかかるケースもあります。

     

    一方で、「マクロマン」は完全無料のRPAツールです。ダウンロード費用、利用費用共に無料となっており、ダウンロード人数に制限なし、無料の期間制限もありません。「RPA女子」などのサポートサービスを利用する際にのみ費用がかかるシステムです。そのため、「RPA女子」×「マクロマン」の利用においてはRPA女子の費用だけで済み、有料のRPAツール利用時と比較して大幅なコストカットが期待できます。

    ②ツールの開発会社の社員だからこそスムーズに対応できる

    「RPA女子」は、RPAツール「マクロマン」に特化した人財派遣サービスであるため、「マクロマン」を利用される場合のあらゆる疑問・困りごとに関して迅速な対応が可能です。特に、「マクロマン」の開発元の正社員であることから、マクロマンの最新の機能についてもキャッチアップが早く、スムーズに対応可能であることが強みです。

    たとえば、RPAの導入時点における「要件定義」「可否判断」の実行や、「マクロマン」というツールの機能についてなど、困ったことがあった際、RPAに詳しい一般的な人材派遣社員だと、そのRPAツールベンダーに都度問い合わせて回答・対応をする必要があります。

    一方のRPA女子は、都度問い合わせていく工程が省かれるため、回答スピードが上がります。

    ③派遣時のバックサポートに対応

    「RPA女子」を1名だけ派遣する場合、実際にお客様先へ出向くのは1名です。しかし、お客様先に出向いている1名をサポートするバックサポートもございます。
    バックサポートする「RPA女子」はお客様先に出向くことはありませんが、お客様先に出向いている「RPA女子」と日々コミュニケーションを取りながら必要最低限の情報だけに限り、緊急時や開発内容のサポートを受ける体制作りとなっております。そのため、1名のRPA女子派遣であってもバックサポートを含めチームでお客様のRPA化をご支援します。

    RPA女子の派遣実績

    「RPA女子」サービスはさまざまな業界や自治体などで利用実績があります。ここでは、派遣実績について4つの事例をご紹介します。

    大和ブルーフィナンシャル様

    大和ブルーフィナンシャル様では、RPA導入中に発生するエラーにうまく対応できないという課題がありましたが、「口コミでの評判」「専任アドバイザーが付くことへの安心感」「スモールスタートしやすいモデル」という3つの理由からRPAツール「マクロマン」の導入と「RPA女子」のサポートを決定されました。

     

    RPA化の対象は「公的書類(Excel)のPDF化」「複数のPDFを既定の順序に並べ、結合し保存する業務」で、年間で3,000分かかっていた業務を600分にまで短縮(80%減)できると想定されています。

     

    「RPA女子」はスポット派遣としてのうえ開発工程に携わりましたが、「スピード感を持って丁寧に対応してくれた」という評価をいただいております。

     

    福岡県大川市様

    大川市様では、小規模自治体ゆえに業務の総量は小さいものの、業務の種類は大差なく、有料のRPAツールを導入してもコストパフォーマンスが出にくいという課題を抱えていました。この点について、完全無料の「マクロマン」であればランニングコストがかからず、すぐに利用できるため、高い効果が期待できることから導入に至りました。

     

    「RPA女子」は、スポット派遣として事前の打ち合わせではDX担当の職員様と、現場の段階では現場担当者様と打ち合わせを行い、要件定義からスクリプト開発までを行いました。現場で実際にパソコンを見ながらの打ち合わせだけでなく、オンラインでも数回すり合わせをしたうえで、手順書を作成しておりました。

     

    「RPA女子」が担当した工程の中でも、特に構築フェーズでは5日間で納品完了し、そのスピード感に感銘を受けたと評価いただけました。結果として、年間で計200分の業務時間が36分(82%減)まで短縮されると想定されています。

     

    制作会社A社様

    こちらの企業様では、「基幹システムから商品の制作状況をコピー・確認」「会員管理CSVにて制作状況を顧客別に入力、差異確認」「作成した資料を従業員の目視によりWチェック」「Wチェック完了後、基幹システムにアップロード」という流れで業務を行っていました。

    こうした業務は、RPA導入前には4時間かかっていましたが、導入後は30分にまで短縮される結果となっています。

     

    「RPA女子」はスポット派遣で開発を担当しました。RPAツールマクロマンが操作対象とするExcelのデータにミスがあった際にマクロマンはエラーを出して動作を停止することも組み込んでおります。この工程により、時間削減だけでなく、エラー検知としても機能することができています。

    四国銀行様(研修プラン事例)

    四国銀行様では、お客様からの業務効率化が進まないという課題に直面していました。業務効率化が進まない理由はさまざまです。

    たとえば、月末になると定型業務が多く残業が発生するため、RPAで自動化をしたいが、高額の有償ツールに予算を投下をして費用対効果が合うほどの定型業務の量ではない、といったものや、高知県内の人口減少に伴い採用コストが増加しているというものでした。

     

    そこで、四国銀行様のお客様を対象に、RPAのハンズオン形式の研修を行いました。無料という点でまずは費用対効果ハードルをクリアできるRPAツール「マクロマン」を用いて、RPAを身近に感じていただけるよう、「RPAとは?」「RPAでどのようなことが自動化できるのか?」といった座学から、実際に「マクロマン」を用いて自動化をする工程を体験していただきました。

     

    「RPAという言葉は初めて聞くという状態でしたが講師の方の説明もわかりやすく、セミナーの最後には1人で操作することができました。」「1人ひとりに合わせたコミュニケーションも良かった」などとお声をいただきました。

    ※本事例は派遣ではなく、スポットでの研修プランの事例です

     

    そのほか事例はこちら

     

    ここに挙げたのはあくまでも一例ですが、幅広い分野で「RPA女子」の派遣実績があります。
    そのほか派遣の実績やサポート範囲などのお問合せはぜひこちらからお問合せください。

     

    価格帯や対応範囲などの資料請求はこちら

    利用可能ツール「マクロマン」の特徴

    ここで、当社にて自社開発した無料のRPAツール「マクロマン」についてご紹介します。

    完全無料RPAツール「マクロマン」のご紹介

    2023_06_cocoo_banner_800_450_0725_A

     

    RPA女子が操作するRPAツールとしておすすめな「マクロマン」には、以下のような5つの特徴があります。

     

    • ダウンロード・インストール無料
      「マクロマン」のダウンロードとインストールに費用はかかりません。

     

    • 無料期間の縛りなし
      利用料は完全無料となっております。

     

    • デスクトップ型
      ダウンロード後はオンラインだけでなくオフライン環境での利用も可能で、情報漏えいリスクの回避につながります。

     

    • 利用人数の制限なし
      ダウンロード人数に制限はありません。利用人数に応じて課金されることがないため、全社展開もスムーズです。

    • 機能制限なし
      すべての機能を無料でお使いいただけます。

     

    • 国産ツール
      無料ツールの場合、なかには海外製のためマニュアルや学習コンテンツが英語というケースもありますが、マクロマンは当社で開発したものであるため、すべて日本語でご利用いただけます。

     

    また、「マクロマン」はもちろんメインツールとしてご利用いただけますが、他のツールを導入済のお客様には、はじめは大規模な自動化は導入済の既存のツールを使い、新たに発生する小規模な自動化からをマクロマンでご利用いただき、徐々にマクロマンの利用範囲を広げていただくこともあります。

     

    また、実施したい業務の内容から高額なRPAツールでなくとも自動化できるとの判断から、「マクロマン」に切り替えていただいたケースもあります。

     

    公式サイトはこちら

    マクロマンのダウンロードはこちら

    さいごに

    RPAの導入前のよくある悩みがコスト、導入後のよくある悩みがRPAを扱える人材の不足や不在だというものです。

    当社は導入前のコストの悩みを無料の「マクロマン」で、RPA導入後の人材不足の悩みを「RPA女子」のサポートで解決していきます。ぜひRPAの人材派遣として「RPA女子」を他社と比較してみてください。

     

    ≫ お問合せはこちら ≪

    ≫資料請求はこちら≪

     

     

    また、当社の人財派遣としてはRPA女子だけでなく、ExcelやVBAに特化した「EXCEL女子」、デジタルマーケティングに特化した「デジマ女子」、BIの構築に特化した「BI女子」、そのほかITインフラに特化したサービスにご興味がありましたら以下コクー株式会社の公式サイトをご覧ください。

     

    ≫コクーの公式サイトはこちら≪

     

    この記事の監修者

    RPA事業部 エバンジェリスト

    コクー株式会社

    RPA事業部 エバンジェリスト

    吉田 将太

    RPA事業部の立ち上げとして、営業・RPA開発・研修講師を経て、2023年1月にエバンジェリスト着任。
    RPAやRPA以外の技術を使って業務効率化を目的にした様々な開発に携わる。この経験から300名以上の研修講師を務める。