お問い合わせ
お問い合わせ

計画実行

  1. 計画実行設定画面の開き方
  2. 計画実行設定画面について
  3. 計画実行の時間設定方法
  4. 新規作成―毎日実行する場合
  5. 登録したスケジュールを削除する

スクリプトをタスクスケジューラーに登録し、実行させることができます。
ただし、登録できるスクリプトは「My Scripts」ファイル内に保存されているxml形式のファイルに限ります。

※「My Scripts」のファイルパス
 変数>「Default Task Variables」>「Folder.ScripePath」>初期値

計画実行画面の開き方

  1. マクロマンを起動します。
  2. 記録と実行の「計画実行」をダブルクリックします。
  3. 計画実行設定画面が開きます。

計画実行画面

計画実行設定画面について

計画実行画面

No 説明
1 ダブルクリックをするとPCのタスクスケジューラが開きます。
2 スケジュールを設定済みのスクリプトが表示されます。
  • Task Name:タスクの名前
  • Last Run:最後にこのスケージュールが実行された日時
  • Last Result:Last  Runの結果※0なら成功
  • Next Run:このスケジュールが次に実行される日時
  • Active:スケジュールの実行状況

※実行されるとFalseがTrueにかわる

  • Update:表示されているボタンをクリックするとその状態になる
※enableが表示されている時は無効
※disableが表示されているときは有効
3
  • スクリプト名:スケジュールを設定したいスクリプトをリストから選択します。
※「My Scripts」ファイル内に保存されているxml形式のファイルのみ
  • 開始日時:スケジュールの開始日時
  • 最終実行日時:選択するとスケジュールの終了日時が設定できる
※Start Dateより遅い日時にしないと登録できない
  • 終了しない:選択するとスケジュールを無限に繰り返し実行できる
  • 実行間隔:繰り返す頻度
※整数のみ設定可能
  • 追加:クリックするとスケジュールが追加か上書き保存されます。

計画実行の時間設定方法

  1. 入力欄の時間の部分にカーソルを合わせ、「開始日時」と「最終実行日時」を入力します。
    ※スクリプト・Recur Everyの設定が完了した状態で設定してください。
  2. 日時は「 YYYY/MM/DD hh:mm::ss 」形式で指定し、追加ボタンをクリックします。
    ※日付に関してはカレンダーから選択も可能です。
  3. スケジュール済みのスクリプト欄のNext Runを確認します。

計画実行画面

新規作成-毎日実行する場合

  1. 実行環境タブの「実行計画」をダブルクリックし、計画実行設定画面を開きます。
  2. スケジュール登録をしたいスクリプトをリストから選択します。
  3. 「開始日時」と「最終実行日時」を選択のうえ入力するか「終了しない」どちらかを選択します。
  4. スケジュールの実行頻度を設定します。
    左枠:1 右枠:Daysを選択
  5. 設定が完了したら追加ボタンをクリックし、スケジュール登録完了です。


計画実行画面

登録したスケジュールを削除する

  1. 「タスクスケジューラ」をクリックします。
  2. PCのタスクスケジューラという画面が起動します。
    ※ユーザ権限の問題でユーザ名、パスワードを求められる場合があります。

     その際はシステム管理者の方にご相談ください。
  3. タスクスケジューラライブラリに入り「MACROMAN-hogehoge.xml 」のようなタスク名が登録されているので不要なタスクを選択し、Delキーや右クリックから削除を選択して削除してください。
  4. マクロマンのスケジュール済みのスクリプトが削除されていることを確認してください。


計画実行画面