お問い合わせ
お問い合わせ

さっそく動かしてみよう!Excel入力自動化

 

このページで習得できること

  • マクロマンの基本操作
  • Excelの起動
  • 指定ブック(ファイル)を開く
  • 指定セルに値を入力
  • 指定セルから値を取得

 

学習時間  約10~15分

今回使用するコマンド

今回使用するコマンドは以下です。

 

コマンド指定

また以下のコマンド検索入力欄に使用したいコマンドを入力して虫眼鏡ボタンをクリックすることでコマンドの検索も可能です。コマンドが見当たらない場合などはご活用ください。

 

検索

 

 


1.事前準備

今回のテストで使うExcelを新規作成します。
下記の通りにExcelファイルを作成して保存をしてください
ファイル名:Book1
シート名:Sheet1

2.Excelを開始する

1.で準備したExcelファイルを開くコマンドを実行します。
Excelコマンド>インスタンス>Excelの開始コマンドを追加します。
マクロマンを使ってExcelを使用する際は必ず必要なので、忘れないようにしましょう。
 
Excelの開始コマンド
 
 
 

コマンド編集画面を開いたら、インスタンス名を今回は「RPAExcel」とします。
※今後Excel以外のアプリケーションも同じスクリプト上で使用する場合はアプリケーションのコマンドごとにインスタンス名を変えるとスムーズに実行できる場合があります。
インスタンス名を入力したら「OKボタン」を押しましょう

 

Excelの開始

 

3.ブックを開く

Excelが立ち上がったら次に指定のブック(Excelファイル)を開きます。
Excelコマンド>ファイル・ブック>ブックを開くコマンドを追加します。

ブックを開くコマンド

 

 


【*ファイルを選択】から1.事前準備で作成したExcelブックを選択しましょう。

 

ブックを開く

4.シートを指定する

ブックを開いたら操作を行うシートを指定しましょう。
Excelコマンド>シート>シートの指定コマンドを追加します。
シートの指定コマンド
選択したブックに複数のシートが存在する場合は必ずシートの指定をします。

 

シートの指定

5.セルに値を入力する

次に開いたExcelのA1セルに任意の文字を入力します。
Excelコマンド>セル>セルに値をセットコマンドを追加します。
セルに値をセットコマンド
指定したセルに値を入力することができます。
後述の変数の機能を使うこともできますが、今回は直接入力したい文字を指定しましょう。
ここでは「マクロマン」と入力します。

また、セルの場所は「A1」と指定します。

 

 

セルに値をセット

 

 

6.Excelを保存して閉じる

Excelコマンド>インスタンス>Excelを閉じるコマンドを追加します。
Excelを閉じるコマンド
保存コマンドもありますが、このコマンドでは保存して閉じる/そのまま閉じるを選択して閉じることができます。

 

Excelを閉じる

7.スクリプトを確認する

実際に入力したスクリプトを確認してみましょう
下記画像のように5つ入力したコマンドが設定されているかと思います。
問題がなければ一度保存しましょう

 

スクリプト

 

8.スクリプトを実行する

スクリプトを実行してみましょう。
該当のExcelが開いてから文字が入力されて閉じるのを確認ができます。
操作が終わったらExcelファイルを自分で開いてみて文字が入力されていることを確認しましょう。


基本操作についての説明は以上です。

次のマクロマン練習事例集ではマクロマンの理解を更に深めるための練習課題を実践することができます。

マクロマン練習事例集へ