お問い合わせ

Excelコマンド

操作手順

1.Excelを開始する

Excelコマンド>EXCELの開始コマンドを追加します。

マクロマンを使ってExcelを使用する際は必ず必要なので、忘れないようにしましょう。

 

インスタンス名:「default」とします。

※今後Excel以外のアプリケーションも同じスクリプト上で使用する場合はアプリケーションのコマンドごとにインスタンス名を変えるとスムーズに実行できる場合があります。

 

マクロマンのexcelコマンド01

 

2.ブックを開く

Excelコマンド>ブックを開くコマンドを追加します。

【*ファイルを選択】から開きたいブックを選択しましょう。

 

マクロマンのexcelコマンド02

3.セルに値を入力する

Excelコマンド>セルに値をセットコマンドを追加します。

指定したセルに値を入力することができます。

直接入力することもできますが、【*変数を挿入】から変数を挿入して活用するのがおすすめです!

 

マクロマンのexcelコマンド03

 

4.セルの値を取得する

Excelコマンド>セルの値をゲットコマンドを追加します。

指定したセルの値を取得することができます。

取得する値は【*変数を挿入】から変数を挿入して活用するのがおすすめです!

 

マクロマンのexcelコマンド04

5.シートを指定する

Excelコマンド>シートの指定コマンドを追加します。

選択したブックに複数のシートが存在する場合は必ずシートの指定をします。

 

マクロマンのexcelコマンド05

 

6.セルを指定する

Excelコマンド>セルの指定コマンドを追加します。

前述のセルに値をセットコマンド/セルの値をゲットコマンドでもセルを指定することができますが、このコマンドはセルを指定することのみ可能です。

 

マクロマンのexcelコマンド06

 

7.閉じる

Excelコマンド>閉じるコマンドを追加します。

保存コマンドもありますが、このコマンドでは保存して閉じる/そのまま閉じるを選択して閉じることができます。

 

マクロマンのexcelコマンド07