お問い合わせ

変数とは

POINT

1.変数とは

・値を自由に出し入れしたり、何度でもデータを使用したりすることができます。

・用途別に名前を付けることができます。

 

頻繁に変数を使用するのは以下のコマンドです。

◆Webブラウザコマンド

URLにアクセス
セルに値をセット
セルの値をゲット
◆Excelコマンド 最終行をゲット
◆ループコマンド

ループの開始

(回数指定)

◆条件分岐コマンド IFの開始 etc.

 

その他のコマンドで変数を使用できるかどうかは、

プロパティ内に【*変数の挿入】などの項目があるかどうかで判断することができます。

2.変数の作成方法

一つの空箱があって、

「その空箱に名前を付けたり、もの(データ)の出し入れをしたりすることができる」というイメージでいるといいでしょう。

変数を定義(作成)する 空箱を作る
変数に名前を付ける(変数名) 箱に名前を付ける
変数にデータを格納する 箱にものをしまう
変数からデータを取り出す 箱からものを取り出す
変数にデータを入れる 箱にものを入れる

操作手順

 ・変数を追加する

オプション>変数>追加の順に操作します。

マクロマンの変数01

 

変数名の定義:わかりやすいように作成しましょう(後から変更することも可能です)。
変数のデフォルト値を定義:空欄で構いません(基準となる値が必要な場合は必ず入力しましょう)。

マクロマンの変数02

・デフォルト変数について

「Date」から始まるデフォルト変数はその名の通り、日付や時刻などに関する変数です。

スクリプトを実行させて、いつ終了したのか記録を残す時に活用するのがおすすめです。

マクロマンの変数03

 

 

その他のデフォルト変数が何を表しているのか、ご紹介します。
Error.〜 エラーに関する表示
Folder.〜
フォルダがある場所
MACROMAN.〜
マクロマンの場所
Loop.〜
何回ループしたか
PC.〜
起動しているPCの名前、ユーザー名など

マクロマンの変数04