お問い合わせ

キーの入力コマンド

このページで習得できること 

このページでは、キーボード操作を学習しましょう。

入力コマンド>キーの入力コマンドを追加します。このコマンドは、指定したウィンドウ内のアクティブになっている箇所に対して、キーボードを操作するコマンドです。

 

以下の場合使用します。

・文字を直接入力する

・ショートカットキー操作をする

以下のスクリプトを作成します。

ex)メモ帳に文字を入力する。

①メモ帳を開く。

②メモ帳にテキストを入力する。

③入力したテキストをコピーする。

④Excelを起動する。

⑤Excelファイルを開く。

⑥コピーした文字を貼り付ける。


操作手順

1.Excelファイルを準備する

・空のExcelファイルを作成し、ファイル名をつけてデスクトップに保存しておきましょう(ここでは「Book1」としました)。

・メモ帳を起動させましょう。キーの入力コマンド02

2.メモ帳を開く

プログラム/プロセスコマンド>プロセスの開始コマンドを追加します。

 

プログラムの名前:「notepad」とします。キーの入力コマンド03

3.キーの入力コマンドを設定する

入力コマンド>キーの入力コマンドを追加します。

 

ウィンドウ名:「無題−メモ帳」を選択します。

※メモ帳が開かれていないと選択できません。

入力するテキスト:「あいうえお」とします。キーの入力コマンド04

4.ショートカットキー操作でコピーする

入力コマンド>キーの入力コマンドを追加します。

 

ウィンドウ名:「無題 - メモ帳」

入力するテキスト:「^a^c」

(全選択:Ctrl+A/コピー:Ctrl+C)キーの入力コマンド05

 

ショートカットキー操作をさせたい場合は、テキスト入力BOXに特殊キーを入力します。特殊キーは以下の表をご参照ください。

特殊キー コード{半角} 特殊キー コード{半角}
Backspace

{BACKSPACE}

{BS}{BKSP}

Break {BREAK}
Caps Lock {CAPSLOCK} Delete {DELETE}{DEL}
↓矢印キー {DOWN} ↑矢印キー {UP}
←矢印キー {LEFT} →矢印キー {RIGHT}
End {END} Enter {ENTER}
Esc {ESC} Help {HELP}
Home {HOME} Insert {INSERT}{INS}

Num Lock

{NUMLOCK} Page Down {PGDN}
Page Up {PGUP} Print Screen {PRTSC}
Scroll Lock {SCROLLLOCK} Tab {TAB}
F1~F12 {F1}~{F12} {+}(半角プラス)
{ー}(半角マイナス) Space (半角スペース)
Alt Ctrl ^
Shift Windowsキー {WIN_KEY}

・複数回入力するときは、半角スペースと回数分の数字を付け加えます。

例) Tabキーを5回押す→{TAB 5}

 

・ショートカットキーを入力する際は、アルファベットを小文字入力します。

例) Ctrl+C(コピー)→^c  / Ctrl+V(貼り付け)→^v

 

・Shiftキーを押したままEキー、Cキーを順に押すとき。

→ +(EC)

 

・Shiftキーを押したままEキーを押したあと、Shiftキーを離してCキーを押すとき。

→ +ECと指定します。

5.Excelを開始する

Excelコマンド>EXCELの開始コマンドを追加します。

インタンス名:「default」とします。キーの入力コマンド06

6.ブックを開く

Excelコマンド>ブックを開くコマンドを追加します。

 

【*ファイルを選択】から開きたいブックを選択しましょう。キーの入力コマンド07

7.ショートカットキー操作で貼り付けする

入力コマンド>キーの入力コマンドを追加します。

 

ウィンドウ名:「Book1 - Excel」

入力するテキスト:「^v」

(貼り付け→Ctrl+V)キーの入力コマンド08