お問い合わせ

ループ処理|同じ処理を繰り返す

このページで習得できること

このページでは、同じ処理を繰り返すループ処理を学びます。

基本編では回数指定があるループ処理について、応用編では回数指定のない無限ループ処理について学びます。


操作手順 <基本編:ループ(回数指定)>

初期値:0となる数に1ずつ足して、10回ループさせたら値はいくつになるか、調べるためのスクリプトを作成しましょう。

1.変数を追加する

オプション>変数>追加から変数を追加します。

今回は「変数名:数字/初期値:0」とします。

マクロマンのループ01

2.ループ開始(回数指定)コマンドを追加する

ループコマンド>ループ開始(回数指定)コマンドを追加します。

【*ループ開始】を選択すると、ループの終了を意味する「End Loopコマンド」が自動的に追加されます。

ループを実行する回数:10


マクロマンのループ02

3.変数の設定コマンドを追加する

変数コマンド>変数の設定コマンドを追加します。

変化するのは「0(初期値)」なので、変更する変数には手順1.で追加した変数{数字}を選択します。

1ずつ足していくとどうなるかというスクリプトのため、

上記の変数に設定する入力の定義は「{数字}+1」とします。

マクロマンのループ03

 

作成した変数の設定コマンドは「Loop10」と「End Loop」の間に配置します。

※下部に追加された場合はコマンドを[ドラッグ&ドロップ]で移動させることができます。

ループ処理基本

4.メッセージの表示コマンドを追加する

その他のコマンド>メッセージの表示コマンドを追加します。

最終的に値がいくつになったか、変数{数字}を挿入して確認します。

保存してスクリプトを実行してみましょう。マクロマンのループ04


「10」とメッセージが表示されたら成功です。マクロマンのループ06

操作手順 <応用編:ループ(無限ループ)>

現在3000kg分収容されている倉庫に、300kgの荷物を1日1箱ずつ収容したら、最大重量4800kgに達するまで何日かかるか、調べるためのスクリプトを作成しましょう。

 

1.変数を追加する

オプション>変数>追加から変数を2つ追加します。

 

①既に収容されている{3000kg分}の変数

変数名:重量/初期値:3000(kg)

②4800kg収容されるまで{何日かかるか}の変数

変数名:数/初期値:1マクロマンのループ07


2.無限ループコマンドを追加する

ループコマンド>無限ループコマンドを追加します。

【*無限ループコマンド】を追加すると、ループの終了を意味する「End Loopコマンド」が自動的に追加されます。マクロマンのループ08


3.変数の設定コマンドを追加する

変数コマンド>変数の設定コマンドを追加します。

変更する変数:{重量}

1日300kgずつ追加するので、定義は「{重量}+300(kg)」とします。マクロマンのループ09


作成した変数の設定コマンドは「無限ループコマンド」と「End Loop」の間に配置します。

※下部に追加された場合は、コマンドを[ドラッグ&ドロップ]で移動させることができます。マクロマンのループ10


4.IFの開始コマンドを追加する

条件分岐コマンド>IFの開始コマンドを追加します。

「{重量}が4800kgに到達するまで」という条件を追加します。

コマンドタイプ:値

追加パラメーター:

Value1▶︎追加した変数{重量}

※「変数を挿入」から追加します。

Operand▶︎is equal to (=)

Value2▶︎4800マクロマンのループ11

 

作成した「IFの開始コマンド」〜「End If」までを変数の追加コマンドの下に配置します。

If({重量}is equal to 4800)」の式を満たす場合に、

「If({重量}is equal to 4800)」から「End If」の間に設置したコマンドが実行されます。マクロマンのループ12


5.ループからExitコマンドを追加する

ループコマンド>ループからExitコマンドを追加します。マクロマンのループ13

今回のスクリプトは、

{重量}が4800kgに到達した場合にループを抜けるので、「If({重量}is equal to 4800)」と「End If」の間にこのコマンドを配置します。マクロマンのループ14


6.変数の設定コマンドを追加する

変数コマンド>変数の設定コマンドを追加します。

変更する変数:{数}

1日ずつ追加するので、定義は「{数}+1」とします。マクロマンのループ15


1回ループするごとに、1日ずつ増えていくので「End Loop」のすぐ上に配置します。マクロマンのループ16

7.メッセージの表示コマンドを追加する

その他のコマンド>メッセージの表示コマンドを追加します。

ここでは2つのメッセージを追加します。

・正しく4800kgに達したか確認するための結果の表示

・何日かかるか計算結果の表示マクロマンのループ17


それぞれこの位置に配置します。マクロマンのループ19

8.スクリプトを保存して実行する

このようなメッセージが表示されたら成功です。マクロマンのループ20

 

マクロマンのループ21