お問い合わせ
お役立ち情報
資料請求
マクロマン 無料ダウンロード
お問い合わせ

ファイル操作|ファイルを移動させる

このページで習得できること

作成したファイルを、所定のフォルダに移動させる方法を学びます。

  • 指定ファイルを指定フォルダへ移動

 

学習時間 5~10分


操作手順

1.コマンドを起動する

ファイルコマンド>ファイルの移動、コピーコマンドを追加します。
ファイルの移動、コピーコマンド

2.移動(またはコピー)を指定する

プルダウンから動作を選択できます(今回は【移動】を選択)。
ファイルの移動(移動またはコピー)

3.ファイルを選択する

【*ファイルを選択】をクリック>対象ファイルを選択します。


ファイルの移動(ファイル参照先決定)

4.移動(またはコピー)先を指定する

ファイルを移動するフォルダのディレクトリを指定します。
ファイルの移動(ファイル移動先決定)
宛先が存在しない場合の操作について、YesかNoで選択します

(今回はNoを選択)。

ファイルの移動(宛先が存在しない場合)

 

ファイルが既に存在する場合の操作についてもYesかNoで選択し、最後にOKをクリックします

(今回はNoを選択)。

ファイルの移動(既に存在する場合)

これでスクリプトの完成です。
スクリプト完成画面

5.保存する

保存していないスクリプトは実行されません。実行前に必ずスクリプトの保存をしましょう。
5.保存する

6.実行する

【保存して実行】をクリックします。
保存して実行クリック画面

 

指名したフォルダに、指定したファイルが入っている場合は成功です。
ファイル移動後の画面

 

以上で基本編のチュートリアルは終了です。

基本編を学習することで、よく使われるマクロマンの機能はマスターすることができます。

次は難易度の高い応用編に挑戦してみましょう。