お問い合わせ
お役立ち情報
資料請求
マクロマン 無料ダウンロード
お問い合わせ

Webからの転記方法|変数の利用

このページで習得できること

このページでは、変数を活用してWebブラウザの値をExcelへ転記する操作を学びます。

 

  • WEBページからテキスト情報の取得
  • Excelの指定セルへのテキスト貼り付け
  • 変数の利用

 

学習時間 15~20分


今回は以下のスクリプトを作成しましょう。

  1. Chromeを起動する。
  2. マクロマンの公式サイトにアクセスする(https://www.macroman.jp/)。
  3. ページ内の『マクロマンは、ツール利用料がすべて無料のRPAツールです。』という値を取得する。
  4. Excelで任意のbookを開く。
  5. A1セルに値を貼り付ける。
  6. Excelを閉じる。

スクリプトを作成する前に知っておきたいこと

今回から変数の機能を使います。
変数を使うことでマクロマンの機能を幅広く活用いただくことができます。

1.変数とは


変数とはその名の通り「変化する数」で数学でいうXやYのことです。
対義語は定数「定まった数」となります。
また変数は名前のついた箱と考えるとイメージがしやすく
箱に名前をつけておけば、どんな数字や文字を入れても箱の名前だけで取り扱うことができます。

2.変数の設定方法


デフォルト以外の変数はスクリプトを作る際に事前に変数設定画面より作成をしておきます。
オプション>変数>追加の順に操作します。

変数の追加


詳しくは下記ページでも解説しております。

 

変数とは


操作手順

1.Excelファイルを準備する

空のExcelファイルを作成し、任意のファイル名を付けてデスクトップに保存しましょう。

ここではファイル名をBook1とします。

2.変数を追加する

オプション>変数>*追加(変数の追加)で変数を追加します。

WebからExcelに転記する際に必要なため先に設定しましょう

(今回は「マクロマン」という変数を追加しました)。

 

※*変数のデフォルト値を定義:未設定(今回は設定しなくても正常に動きます。)

変数を追加

3.ブラウザを起動する

Webブラウザコマンド>インスタンス>ブラウザを起動コマンドを追加します。

ブラウザの起動コマンド
「Edge」「Chrome」「Firefox」のいずれかを選択します。

インスタンス名:「RPABrowser」とする
ブラウザエンジンタイプ:お使いのブラウザを選択
※本ページではChromeで作成した例でご紹介します。

 

 

💡GoogleChromeの場合
GoogleChromeをご利用の場合は、事前に”Chrome Driver”のダウンロード(無料)が必要です。
また、お使いのChromeのブラウザのバージョンとChrome Driverのバージョンが一致している必要があります。
よくある質問の「WEB」 Q2の手順に沿って御対応いただけますよう、お願いいたします。

ブラウザの起動

4.URLにアクセスする

Webブラウザコマンド>ナビゲート>URLにアクセスコマンドを追加します。

URLにアクセスコマンド

【*URLを入力】:開きたいページのURLを入力します。

ここではマクロマンの公式サイト(https://www.macroman.jp/)のURLを設定します。

URLにアクセス

5.Webサイトからコピーしたいワードを探してコピーする

Webサイトを開いたらHTMLコード(開発者ツール(F12))でコピーしたい要素を探し、
Select an element in the page to inspect it[Ctrl+Shift+C]

を使って要素をコピーします

(「…」をクリックして、Copy>Copy XPath でその要素のコードをコピーすることができます)。

 

Webブラウザコマンドでもご紹介しておりますのでぜひご確認ください。

開発者ツールから要素をコピー

6.各種機能で追加した変数を入れる

Webコマンド>アクション>各種機能コマンドを追加します。

各種機能コマンド

要素の検索パラメータ:4.でコピーしたXPathを貼り付けます。
要素のアクション:「テキストをゲット」
Parameter Value:1.で追加した変数を入れます(【*変数を挿入】から選択しましょう)。

各種機能(テキストをゲット)

 

7.Excelを開始する

Excelコマンド>インスタンス>Excelの開始コマンドを追加します。

Excelの開始コマンド

インスタンス名:「RPAExcel」とします。

※今回はWebブラウザコマンドのインスタンス名とは異なったインスタンス名にしました。Excelの開始

 

8.ブックを開く

Excelコマンド>ファイル・ブック>ブックを開くコマンドを追加します。

ブックを開くコマンド

ワークブックファイルのパスを指定してください: 【*ファイルを選択】より開きたいブックを指定します。ブックを開く

 

9.セルに値をセットする

Excelコマンド>セル>セルに値をセットコマンドを追加します。

セルに値をセットコマンド

設定するテキストを入力してください:設定した変数を選びます。
セルの場所を指定してください:入力したい場所を決めて入力します。

セルに値をセット

10.閉じる

Excelコマンド>インスタンス>閉じるコマンドを追加します。

Excelを閉じるコマンド

ブックを「保存して閉じる」か、「保存せずに閉じる」を選択します。

保存コマンドもありますが、保存と閉じる操作を一括でできるのでおすすめです。

Excelを閉じる

11.スクリプトを実行する

実際に入力したスクリプトを確認してみましょう
下記画像のように7つ入力したコマンドが設定されているかと思います。
確認したら、スクリプトを実行してみましょう。
最終的に指定したExcelに『マクロマンは、ツール利用料がすべて無料のRPAツールです。』という文字

が入っていれば成功です。

スクリプト(WEB2)