お問い合わせ
お問い合わせ

在庫管理(スクリプト作成前編)

スクリプト作成 前編

ここからはマクロマンを使用してスクリプトを作成していきましょう。

 

 

スクリプトファイル新規作成

ファイル > 新規作成で作成します。

※新規作成をクリックした後、特に画面に変化は起きませんが、入力を受け付けている状態になっているためそのまま作業を続けて問題ありません。

 

スクリプトファイル新規作成画像

 


変数作成
今回は以下の10の変数を作成します。

行数(デフォルト値2)…行数をカウントする

ループ回数(デフォルト値8)…転記を繰り返す回数

商品名A列の値を格納し、Web上の商品名欄に設定する

商品コード B列の値を格納し、Web上の商品コード欄に設定する

カテゴリ C列の値を格納し、Web上のカテゴリ欄に設定する

在庫数 D列の値を格納し、Web上の在庫数欄に設定する

商品単価 E列の値を格納し、Web上の商品単価欄に設定する

店舗F列の店舗選択を格納し、Web上の店舗選択欄に設定する

店舗限定品 F列から取得した値を格納し、条件分岐にてクリック操作

登録番号Web上の登録番号を格納し、H列に設定する

 

詳しい設定方法を以下ご案内します。

 

 

《変数作成手順》

 

オプション > 変数

 

オプションから変数選択の画像

 

②「変数」ページが開いたら「追加」をクリック

 

変数から追加クリックの画像

 

③変数名とデフォルト値を入力デフォルト値は必要な場合のみなの、「商品名」以降は入力不要です

 

変数名とデフォルト値入力画像

 

{行数}…Excelの行数をカウントするための変数です。データの開始行が2行目なので、デフォルト値は2です。

 

{ループ回数}転記を繰り返す回数を示した変数です。転記したいデータが8個あるので、デフォルト値は8です。

 

「商品名」「商品コード」「カテゴリ」「在庫数」「商品単価」「店舗」「店舗限定品」「登録番号」は、すべて下記画像のようにひとつずつ変数名を入力をしていきます。

 

変数名入力画像

 

すべての変数が作成出来たらOKボタンをクリックして画面を閉じましょう。

 

スクリプト作成 前編

<注意事項>
コマンド内を編集した場合は必ずOKボタンをクリックして画面を閉じましょう。
※右上×で閉じると変更内容は保存されません。

1. Webブラウザ(Chrome)を起動

 

【コマンド】

Webブラウザコマンド > インスタンス > ブラウザを起動

【設定値】

・インスタンス名:RPABrowser

・ブラウザエンジンタイプ:Chrome

 

Webブラウザを起動の画像

Webブラウザを起動の画像_02

 

2. Excelを起動

【コマンド】

Excelコマンド > インスタンス > Excelの開始

【設定値】

・インスタンス名:RPAExcel

・コメント:このコマンドは“何を処理しているのか”を入力しましょう

コメントがないと、修正の際にとても分かりづらいスクリプトになってしまいます。

可読性・保守の観点から、コメントを入れる癖をつけておくのが、RPA開発時のポイントです!

 Excelを起動の画像

 

Excelを起動の画像_02

 

 

3. 「在庫管理.xlsx」ファイルを開く

【コマンド】

Excelコマンド > ファイル・ブック > ブックを開く

【設定値】

・インスタンス名:RPAExcel

・ブックファイルのパス:在庫管理.xlsxのパスを入力(「ファイルを選択」から選択しましょう)

※こちらのパスの値はご自身のPCに保存されているファイルパスを指定します。

・コメントも入力しましょう

 

「在庫管理.xlsx」ファイルを開くの画像

Excelを起動の画像_02

 

4. 繰り返し設定

【コマンド】

Loopコマンド > ループ開始(回数指定)

【設定値】

・ループを実行する回数:{ループ回数}

・開始インデックス:0

コメントも入力しましょう

 

折り返し設定の画像

 

 ループ回数選択の画像

 

ループ回数選択の画像_02

 

※//コメント:このセクションのアイテムは、ループ内で動作します。 を削除してください。

 

ループ回数選択の画像_03

 

 

5. 在庫登録システムにアクセス

【コマンド】

Webブラウザコマンド >  ナビゲート >  URLにアクセス

【設定値】

・インスタンス名:RPABrowser

・URL:https://dev.macroman.jp/form/zaiko.php

HTTPSを利用:True

コメントも入力しましょう

 

在庫登録システムにアクセスの画像

 

在庫登録システムにアクセスのコマンドの位置位置

 

6. A列から商品名を取得

【コマンド】

Excelコマンド > セル > セルの値をゲット

【設定値】

・インスタンス名:RPAExcel

・セルの場所:A{行数}

・割り当てる変数:商品名
コメントも入力しましょう

 

商品名取得の画像

 

商品名取得の画像_02

7. B列から商品コードを取得

コマンド

Excelコマンド > セル > セルの値をゲット

設定値

・インスタンス名:RPAExcel

・セルの場所:B{行数}

・割り当てる変数:商品コード

コメントも入力しましょう

商品コード取得の画像

商品コード取得の画像_02

 

残りの列(CG)も同じようなコマンドを作成する

 

 

C~G列のコマンド作成画像

 

次ページ、応用編「在庫管理(スクリプト作成後編)」に続きます。