お問い合わせ

Webブラウザコマンド

このページで習得できること

このページではWebブラウザの操作を学びます。以下のスクリプトを作成しましょう。

①Chromeを起動する。

②マクロマンの公式ダウンロードサイトにアクセスする(https://www.macroman.jp/)。

③ダウンロードボタンをクリックする。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド01


 

スクリプト作成する前に知っておきたいこと


ここではGoogleChrome内でXPathを使用する方法を例に説明します。

1.Web操作の方法は3つ!

①クリック対象の画像が見つかったときにクリックする(画像認識)。
②事前に指定した座標をクリックする(座標指定)。
③HTMLコード(開発者ツール)を読み込んでクリック対象を探し、見つかったときにクリックする(オブジェクト認識)。
この中であれば、3つ目のHTMLコードを読む方法(オブジェクト認識)がもっとも正確な処理が可能です。

オブジェクト認識を利用することが、安定性のあるツールをつくるポイントです。

2.HTMLとは?

HTMLはWebページを作成するためのプログラミング言語です。
ほぼ必ずと言っていいほど、Web上のページはHTMLで出来ています。
ここでは、HTMLの全文を理解する必要は全くありません。
Webページは、HTMLコードで出来ているというイメージだけ掴んでください。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド02

3.どうやったら見ることができるの?

HTMLコード(開発者ツール)は、Webページで以下のいずれかのキーボード操作を行えば見ることができます。

・F12キー/fn+F12キー

・右クリック>ソースの表示(V)をクリック

 

HTMLコード(開発者ツール)を開いてみましょう!

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド03

4.マクロマンが処理をする流れ

クリック操作を例に挙げて説明します。
クリックが実行されると、マクロマンはこの膨大なHTMLコードの中からXPathなどを使用して、クリック対象(要素)を検索しに行きます。
そして、クリック対象(要素)が見つかった時にクリックします。
※XPathとはざっくりいうと、クリック対象(要素)を検索するための「住所」のことです。

5.要素の検索方法

HTMLコード画面上で[Ctrl+Shift+C]を使って、サイト上でマウスポインタを合わせると、その要素の箇所を教えてくれます!


操作手順

1.ブラウザを起動する

Webブラウザコマンド>ブラウザの起動コマンドを追加します。

マクロマンでWebを使用する際は必ず必要なので忘れないようにしましょう。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド04

2.URLにアクセスする

Webブラウザコマンド>URLにアクセスコマンドを追加します。
アクセスしたいURLを入力しましょう。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド05

3.ダウンロードをクリックする

・XPathを取得する。

 

<Webページ上での操作>

前述3.にてご説明した方法でHTMLコード(開発者ツール)を開きます。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド06

 

 

[Ctrl+Shift+C]を使って、 サイト上で必要な要素にマウスポインタを合わせましょう。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド07

 

 

「…」をクリックして、Copy>Copy XPath でその要素のコードを取得(コピー)することができます。

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド08

 

 

<マクロマン上での操作>

 

Webブラウザコマンド>各種機能コマンドを追加します。

要素の検索方法【XPathで検索】

要素の検索パラメータ【WebからコピーしたXPath】

 

 

マクロマンのwebブラウザコマンド09

 

 

・要素のアクション

指定したXPathをどう操作したいのか、選ぶことができます。

 

 

マクロマンのWebブラウザコマンド10